今週末に、インテックス大阪で開催される、こみっくトレジャーにサークル参加します!

自作のゲームを持っていきます
冬コミ新作もあります

さて、今日はちょっと小話を…

私は、ゲーム作りがすごく好きで、幼稚園児の頃からパソコンでお絵かきなどを始め、小学生の頃には父親に買ってもらった、クリック&プレイという海外のゲーム制作用ソフトや、ハイパーカードなどを駆使して、自分のイラストを使用してゲームを作っていました。

今では小学生からゲーム制作なんて珍しい話ではないですが、当時はやっとwindows95が出たあたり、私の開発環境は専らMacintoshでした。

そんな私の周りには、同じ年齢でゲームを個人制作している友人など一人もいませんでした。

しかし、私は諦めず、友人を自宅にまねいては、新作の自作ゲームを半ば無理やりプレイさせては楽しんでいました。

何を言いたいのかと言うと…

ゲームって、誰かにプレイしてもらって、そこで初めて誕生するものだと思うのです。

だって、自分で作ってるから、攻略方法も、エンディングも全部知ってるので、自分自身でプレイしたって何の面白味もありません。

料理だって、食べなければただ腐敗していくだけ。

漫画だって、誰かに読んでもらって初めて物語が生きるのです。


私は、それから約20年後、社会人になって暫くした頃、2週間で辞めた紙の製造工場の現場で、ゲームちゃんと作って誰かに遊んでもらいたいな…とぼーっと考えます。

それから、今のゲームサークルblackcamelliaを設立し、当時では考えられない、半年に1~2本のペースで新作を発表しています。


以前NHKでコミケの特集が放送されましたが、そこで取り上げられていたゲームクリエーターの女の子も、高校生ながらきちんと作品を世の中に発表しています。

私は二十数年掛かってしまいましたが…


自分で何か物作りをしているなら、それをきっちりと完成させて、世に出していくことが大事だよ!というお話でしたー